不和になっている人達

段階を経て解決する

裁判で戦う

家庭裁判所で行われる協議の中でも離婚調停の割合は多くを占めます。第三者である調停委員を交えて離婚に向けた話し合いを行い、ここでまとまれば成立となりますが、そうでなければ裁判に発展して法律上の判断を仰ぐ形になります。

Read More

準備が重要になる

別々の道

近年離婚の動機として多いのが配偶者の暴力です。また熟年離婚の件数も増えてきています。離婚調停で大事となるのは子どもの親権や財産分与など、有利な条件で離婚を進めることです。専門家に相談し、しっかり準備をした上で挑みましょう。

Read More

知っておきたいこと

調査している

離婚調停では正直な気持ちで話し、必要な書類など忘れずに持参しましょう。有利に進めるには事前準備や真摯な態度が重要になるのです。また、調停で第三者を交えて話すことで離婚を回避できる場合もあります。

Read More

遺産相続問題の解決

罰サイン

弁護士の求人情報を探しているのであればコチラのランキングを山行に選んでみましょう。専門職なので選び方が重要です。

相続を巡る協議の末、合意に至らない可能性があります。それは相続遺産が単純に分配できない土地や家屋が含まれていたり、家族間のコミュニケーションが原因かもしれません。 そこで、遺産相続を円滑に行なえるように、生前に弁護士等にも協議に参加してもらい、遺言書を作成することが最善策の1つと言えます。 まずは、相続財産と債務の洗い出しを行なう必要があります。相続財産には現預金の他に、貴金属、株式、土地や家屋が含まれます。そして、借金や未払い金、葬儀費用などを減額し、遺産総額の正味金額を洗い出します。 相続をめぐって、後々に訴訟問題に発展しないためにも、これらの作業は弁護士等に委託することが望まれます。

遺言書には、自筆によるものと公正証書遺言書があります。 自筆によるものは、手書きによるもので費用もかからない点がメリットですが、法的な要件を満たしていないことが多く、弁護士等に相談しないで作成すると、後々に法的に無効となる可能性があります。 一方、公正証書遺言書は、民法の下で、公証役場で公証人に作成してもらう遺言書です。具体的には、公証人に遺産相続の内容を口頭で伝え、公証人が有効な遺言書を作成し、公証役場で保存しますので、法的な効力はありますし、紛失や捏造の心配はありません。 但し、自筆の遺言書と比較すると、いくつかの制約があり、費用がかかります。 まず、2人以上の証人が必要になります。 そして、相続人毎に手数料がかかります。手数料は相続する財産額によって異なります。例えば、配偶者が3000万円、子供1人が1000万円を相続する場合、23000円と17000円がそれぞれの手数料になります。さらに、全体の相続財産が1億円に満たない場合は、別途、11000円がかかります。 いずれの方法を選択する場合も、遺産相続には弁護士等に相談することが適策と言えます。